So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

:甘くてほろ苦い音楽生活のすべて:発売!

ここに書き込むのは久々になりますが、
みなさま、今年もよろしくお願いします。
今日(1月27日)は
『ニューベスト・オブ・松尾清憲
 :甘くてほろ苦い音楽生活のすべて』
と題されたCDBOOKの発売日なんです。
松尾としては初めてのオールタイムベストCD、
そして、これも初めてとなる「松尾読本」が一体となった
CDBOOKです。
本秀康さんが描いてくれたジャケットは、
CDBOOK表紙(D2).jpg
僕も制作に加わっての作業でしたが、
スタッフ全員が仕事を度外視して(笑)、夢中で楽しみながら、
でも細部までこだわりながら作ったというレベルの
「松尾読本」になりました。
全ページカラーのゴージャスな仕上がりです。
ぜひ手にとってもらいたいです。
さらに、今までのソロアルバムからもれなく選んだ
ニューベストの選曲も、悩みに悩みましたが、とてもいい
選曲&曲順になってます。
CD盤面(D3).jpg
初めてのCD化となる大瀧詠一さんの名曲
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」のカバーや、
甲斐バンドに書いたシングル曲「レイニードライブ」の
カバーも加わって、聴きごたえのあるアルバムになってます。
自分でも驚くようなCDBOOKになりました。
ほろ甘い松(D2).jpg
そして、松尾の30周年記念のライブがあります。
いろんなゲストを招いてのライブ、ぜひ観にきてください。

松尾清憲
30th Anniversary Special Live
“Featuring SIDE EFFECTS and THIS TINY WORLD and More”

出演
松尾清憲 with Velvet Tea Sets
(小室和之・朝倉真司・小泉信彦・橋口靖正・平田崇)
スペシャル・ゲスト
白井良明・杉真理・鈴木さえ子・星野みちる

2016年4月3日(日)
開場16:30 開演 17:00
表参道GROUND

前売 6,000円 当日 6,500円(税込)
全席自由席
※ご入場時別途ドリンクオーダーが必要です。
※ご入場は当日整理番号順にご案内します。
※3歳以上チケット必要・2歳以下入場無料。

お問合せ
表参道GROUND
TEL:03-5772-8566
http://www.omotesando-ground.jp/

プレイガイド
e+ (イープラス) http://eplus.jp/ (PC・携帯共通)
一般発売:2016年1月12日(火)
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002177599P0030001

主催:松尾清憲30周年プロジェクト
制作:サードアイディスク
https://www.facebook.com/matsuo30th/
 
      松尾 清憲

僕のスター [ウィーク・エンド一色]

2016年、新年のごあいさつ。
「シネマを今年も応援してください。」
そんな意味合いの13日のライブいかがでしたか?
恵比寿のクレアートでダンボール・バットを迎えての新春興業。
その2日前の11日の昼間、
高円寺のスタジオで本番前最後のリハーサルをするシネマな面々。
最後の通しリハーサルも残り2曲、なんて時に澄田が何気なく見たケータイから
驚きのニュース
デビッド・ボウイの訃報だったんだねぇ。
「まじか~、最近新譜出たばっかりじゃなかったけ。」
急遽、「僕のスター」が演目に追加されました。
そして、リハーサル。
デビッド・ボウイは、ある意味ロック・スターの究極の完成形でしたよね。
まあ、ジョンやポールや、ミック・ジャガー、ブライアン・フェリー、
マーク・ボラン、フレディー・マーキュリー、イギー・ポップとか、
オレ達の心を揺さぶったロック・スターはあまたいますが、
ボウイは、その中でも特別でしょ。
美形で花形でソングライティングもステージングも、
もう天はこの一人にどんだけ与えてんだよ。と、
高校時代、ロック・スターを夢見る一色少年は嫉妬したものでした。
そんなボウイが死んでしまうなんて、
別に身内でも何でもないのに、どうしてこんなに悲しいんだろう。
13日のシネマのライブはまさにそんな気分の中、
いつにも増して魂のこもったライブだったんじゃないでしょうか。
饒舌なあの二人もこの日は言葉少なめ。
そりゃ通夜でへらへらしてたら怒られるからね。
そして、たまたまなんだけど、対バンのダンボール・バットも、
そんなイギリス・ロックの系譜をきちんと引き継いで
この国では悪戦苦闘を強いられる、ある意味シネマみたいなバンドで、
なんかとってもいい夜でした。

そんなセット・リスト、ばばん!
20160113_Ebisu(1).jpeg

2016年1月13日シネマ演目@恵比寿クレアート

1 サイエンス・フィクション・マン
2 赤い第3惑星
3 ロゼッタ・ストーン・セレナーデ
4 ロックンロール・プラネット
5 未来世紀の街で
6 シアター・リターンズ
7 恋愛保険勧誘員
8 ブルースを見たかい?
9 イッツァ・パラレル・ワールド
10 バラの女

E1 All Cast~Galaxy Lovers
E2 マイ・スイート・キラー・ビー
E3 僕のスター

最後の「僕のスター」のとき、
客席のみなさんが最後のリフレインを一緒に歌ってくれて、
とても嬉しかったですよ。
どうもありがとう。
ではまた、次回にでも。
バイなら。

とってもご無沙汰な書き込み [ウィーク・エンド一色]

実にお久しぶりの一色、こちらに登場です。
実はパソコンが長い間不自由で
その間にソロ・アルバムとかも録音してました。
そんな折、舞い戻ってまいったのはわけがあります。
訳は後ほど語りますが、
って、今言えよ!って話ですが、まあまあ後ほど。
みなさん、10月に発売になったオレのニュー・アルバム「60」は
聞いていただけたでしょうか?
それはこんなジャケットです。
60.jpg
まだの方は絶賛発売中なので。是非ゲットしちゃってください。
これがね~、いいアルバムなんですよ。
プロデュースは松っちゃんこと松田信男先生です。
そして、そのアルバムからの曲をバンバンやるライブが来週ありますよ。
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
スペシャル・ライヴ『12月の熱帯夜』
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
「ヤマシタナオキ」
:メンバー:
・山下尚輝(Vo.G)
・佐藤誠(G)
・依知川伸一(B)
・小口隆士(Ds)
・政野早希子(Vo)
・森加奈子(Vo)
「一色進と歪なぼくら」
:メンバー:
・一色進(Vo.G)
・山口彩子(Ds)
・えみコバーン(B)
・村松邦男(G)
・松田信男(Key)
12月10日(木)
Rock Joint GB
Open:18:30
Start:19:00
Charge:Adv.¥3,000+1 drink(¥600)
Door¥3,500+1 drink(¥600)
前売りチケットのお求めは
RJGB店頭販売/RJGB H.P予約/アーティスト予約
Rock Joint GB
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-14 B1
0422-23-3091
http://www.rock-gb.com

そして、来年シネマのライブが決まりました。
それが先ほどの訳というやつです。
フライヤばばん!
20160113_Ebisu(1).jpeg
◆「2016年のシネマとダンボール・バット」◆
2016年1月13日(水)@恵比寿CreAto
http://www.creato.bz/
PM7:00開場 Pm7:30開演 
前売り¥3000 当日¥3500 (+1drink)

出演:
シネマ(松尾清憲、 一色進、松田信男、澄田 健、大槻敏彦)
https://www.facebook.com/cinemasciencefictionman/
ダンボール・バット feat. ayako、こまどり社
https://www.facebook.com/danballbat

▼お問い合わせ:恵比寿CreAto
http://www.creato.bz/

みなさま、久しぶりのシネマ。
ご堪能あれ。
またこのあたりですれ違えるのでしょうか?
それもこれもオレ次第。
がんばれオレ。
バイなら。

~恋の副作用~

さて、3ヶ月連続のリリースの第1弾として、10月21日に
まず『サイド・エフェクツ』(~恋の副作用~)30周年記念盤が発売されます。
rosie(2).jpg
このアルバムに関しては、いろいろと思い出すことがあるんですが。
レコーディングの始まりは、
ガラス張りのスタジオ内から富士山も間近に見えるという、
いい環境の河口湖スタジオでした。
確か2週間ほどの滞在予定。
季節は冬から春へと変わる頃でしたが,
現地に着いてから天気が荒れてきて雪がけっこう降ってきました(笑)。
2日後にはもう一面雪景色という状態で、
スタッフも積雪の影響で道に迷ってしまったりと、
ちょうど映画で言えばスタンリー・キューブリック映画『シャイニング』の
孤立状態を連想させました。(笑)
ロージー裏(3).jpg
松尾30(2).jpg
ただ、これがいい緊張感をサウンド
与えたかもしれません。
集まった新進気鋭のメンバーは
ムーンライダーズのギターリストでこのアルバムの
プロデューサーでもある白井さん、
エキゾティックスのキーボード西平くん、
ヤプーズ、ポータブルロックのベース中原くん、
Shi-shonen のドラム友田くん。
何か新しいものを創るという気運にも押されて
とてもいい雰囲気でのレコーディングでした。
松尾サイド(1).jpg
それからこのアルバムで素晴らしいミックスをしてくれた
ミキサーの山口くん。
彼は僕と同じく九州出身で、
(彼は佐世保出身)
ミキサーとしてもこの後、有名になっていくんですが。
僕が福岡大学時代に、一時一緒にバンドをやっていたというのは
(当時、彼はベースを弾いてました。プログレ大好きでした(笑))
すごいと思いません?
大学は違っていたので、卒業後はそれぞれお互いに
どうしてるか知らない状況だったのですが、
ある時、ムーンライダーズの鈴木慶一さんが
「松尾くん、山口くんって知ってる?」ということから、
彼が東京でミキサーになってることを知ったんです。
再び一緒に仕事ができるなんて!
このアルバムが名盤(自分で言ってますが(笑))と言われているのは
こういう不思議な縁も作用してるんかもしれません。

    松尾 清憲



「マイ・センチメンタル・ガール」&「裸足のマリア」

松尾30(2).jpgということで、大傑作にちがいない
ニューアルバムThis Tiny World 』の
レコーディングも終わりました。(発売は11/18)
選曲会議からよくここまで頑張りました。
The Velvet Tea Sets のメンバーにも感謝。

それで、3ヶ月連続の松尾リリースなんですが。
まず、今月10月21日に
松尾のファーストアルバム
『サイド・エフェクツ』(恋の副作用)30周年記念盤が
発売になります。
「愛しのロージー」をはじめとする名曲の数々。
松尾サイド(1).jpg
自分で言うのもなんですが(笑)、
ソロデビューアルバムでありながら、
すでに、そこにすべてがあるといっても過言ではないような音楽世界。
自分で今聴いても、どきどきするところがいいな。
そして今回の記念盤のために用意したのが、
「マイ・センチメンタル・ガール」「裸足のマリア」の2曲。
当時の選曲会議でおしくも選曲されなかった曲は
けっこうありまして、
その中でも、ぜひちゃんとレコーディングしたいなと
思っていた中の2曲、
「マイ・センチメンタル・ガール」は英国風ポップソング。
「裸足のマリア」はムーンライダーズにも通じる、
エキゾティックなラヴソングです。
ただ、この2曲とも、当時の選曲で選ばれてたら,
アルバムの雰囲気もまたちょっと違ったかも思わせるところが、
これまた面白い。
ぜひ、聴いてください。
松尾コラージュ(F3).jpg

      松尾 清憲

松尾清憲のアルバムが3ヶ月連続でリリース!リリース!リリース !

さて、お待たせしました。
明日14日の正午12時に正式な告知がなされますが、
先にもう告知しますね。
今年は松尾のファーストアルバムから30周年ということで、
まずは、10月にユニバーサルから
『サイドエフェクツ』30周年記念盤が発売されます。
自分自身、デビューアルバムでよくもこれだけのものを作ったなー!と
感心する、あの名盤がとてもいい音で蘇ります。
そして、ボーナストラックにも注目!
今回は当時の選曲会議から惜しくももれていた曲の中から
(当時から選曲会議が好きだったんです(笑))
2曲が未発表音源として、初登場します。
タイトルは「マイ・センチメンタル・ガール」「裸足のマリア」
これがいい!ぜひ聴いてほしいです。

次に11月には、
今制作中で完成までもう少しのニューアルバム!
小泉くんと最後の仕上げをやってます。
タイトルは『 This Tiny World 』!
松尾の曲は1曲がとても濃いので、もう10曲くらいで十分だと
思うんですが(笑)、このアルバムには12曲ですよ!
松尾 清憲の新たな音楽世界にどっぷりと浸ってもらいますよ。
今回はVelvet Tea Sets のメンバーと一緒にじっくりと
作り上げてきたんですが、今までにないすごいアルバムです。
ゲストはもちろんおなじみ杉真理さん、そして今回は元~
の女性シンガーも。
歌詞は松尾以外には、鈴木慶一さん、サエキけんぞうさん、
脚本家・倉本美津留さんといった豪華なメンバー。

そして、12月には
「ニュー・ベスト・オブ 松尾清憲」CD BOOK
CDだけじゃないんです。BOOKもあるんです!
いわばちょっとした「松尾読本」とも呼べそうな
そんなものになりそうです。
考えるとオールタイムの松尾のベストは今までなかったんです。
松尾のあの曲この曲をいい音で聴いてください。
そして、あたらに登場する曲があります。
甲斐バンドのシングルにもなった「レイニー・ドライブ」の
セルフカバーです。
この曲はぜひ自分でカバーしたかったのですが、やっと実現しました。
ということで、3ヶ月連続でのリリース!リリース!リリース!
よろしくお願いします。

細かいことなどは、明日14日の正午に告知される情報に
注目してください。

そして、今月開催される松尾ファンクラブ・パーティでは、
いち早く、!st記念盤の未発表音源や、
ニューアルバムの曲や、
ニューベストに入る「レイニードライブ」などを
聴いてもらおうかとも思ってます。

     松尾 清憲

『まだまだまだ、松尾のレコーディングは続く!(その3)』

ちょっと荒れ模様の天候が続いてますが、
みなさん元気でしょうか。
松尾のレコーディングは、かなりのところまで
来てます。
レコーディングのショット、あれこれ。
(朝倉くん&松尾)
朝&松(A4).jpg
(小泉くん)
泉(A3).jpg
(橋口くん)
橋(A3).jpg
(小室くん&平田くん)
小室平田(A3).jpg
白熱の選曲大会議に始まって、
バンド全員でのアレンジリハーサルを経て、
レコーディングへと続いてきましたが、
あともう少しというところまでやってきました。
アルバム収録曲も12曲と最近では
一番多い曲数になってます。
今回は選曲、そしてアレンジの段階から
このバンド、Velvet tea Sets のメンバーも
(小室和之・朝倉真司・小泉信彦・橋口靖正・平田 崇)
参加してもらって、音創りをしてきましたが、
あらためて、よくもこんなに素晴らしいメンバーが
集まったもんだなーと感心してる毎日です。

そして先日は、なんと杉 真理さんが
コーラスでやってきてくれたんです。
(松尾&杉くん)
杉松(A3).jpg

まだ、レコーディングは続いておりますが、
完成が本当に楽しみです。

     松尾 清憲

まだまだ、松尾のレコーディグは続く!(その2)

今年の夏は本当に暑いですね。
それに負けず、松尾のソロアルバム・レコーディングも、熱いです。
まだまだ続いていきます。
スタジオでなにやら打ち合わせてる
メンバー(全体がパステルな色合い)
(小泉くん、平田くん、橋口くん、松尾)
スタジオ(A3).jpg
サングラスな二人(笑)と
(松尾、小室くん、橋口くん)
スタジオ(B3).jpg

それからライブもありまして、
7/20にCD発売記念ライブ
やさしい森へようこそ
    ~永瀬ともえwith Friends ~」が
( Special guest 松尾 清憲 )
四谷SOKEHS ROCKでありまして、
松尾はゲストで出演しました。
Tomoeライブ(A3).jpg
ともえさんは、ピアノで弾き語ったり、バンドをバックに歌ったりと
ともえさんのこれからの可能性も感じさせる
とても素敵なライブでした。
発売されたCDには
松尾が作詞&作曲した「星のタペストリー」が入ってます。
このCDには、シネマのデビューアルバムで、
「アナベラ」「夜のカフェ」でかっこいいストリングス・アレンジを
やってくれた矢野誠さんが作曲された「戀(こい)」という曲も
入ってるんですが、これがポップでいい曲なんですよ。

そして、夏といえば、鎌倉でのライブ。
7/18の
「杉・松・格の『茶葉はどこへいった』」
   ( 出演:杉 真理・松尾 清憲・渡辺 格 )
今回もここに来なけりゃ聴けない曲の数々
&ギャグ(笑)をやりました。
鎌倉A2.jpg
松尾が杉くんの名曲「恋する0.1」を歌えば、
杉くんは僕の「One More Smile 」をウクレレ
弾きながら歌ってくれました。
とても楽しいライブでした。
鎌倉B2.jpg
気の早い杉・松・格は、
もう次回のライブタイトルも考えました。
もちろん「茶葉」がからんでます。(笑)

      松尾清憲


松尾ソロアルバム、レコーディングは続く!

暑い日が続いてますが、
みなさん元気ですか。
久々に開催された白熱の大選曲会議で選ばれた曲の数々を
Velvet Tea Setsのメンバーとともに
只今、レコーディングをやっております。
そのレコーディングのもようは
こんな感じです。
(朝倉くん)
朝(A3).jpg
(若手二人、平田くん&橋口くん)
平橋(A3).jpg
(小室くん)
小室(A3).jpg
(松尾&小泉くん)
松泉(AA3).jpg
今回、Velvet Tea Sets のメンバーとアレンジから
音を創りあげていってますが、
全員がアレンジ、プロデュースもできる
ミュージシャン揃いなので、
次々と面白いアイデアがひらめいて、
非常に楽しいレコーディングになってます。
すごいアルバムになりそうです。
ご期待ください。
レコーディングは8月も、
夏とともにまだまだ続いていきます。

      松尾清憲


レコーディングへ向けてのリハーサル

いつまで雨や曇りの日が続くのだろうかと思ってましたが、
夏らしい気候になってきました、
というか暑いですねー(汗・笑)。
松尾ソロアルバム用の、
大盛り上がり&大波乱な選曲会議が終わって、
セレクト曲が無事出そろいました。
そして、これらの曲をVelvet Tea Sets のメンバーとともに
( 小室和之・朝倉真司・小泉信彦・橋口靖正・平田 崇 )
アレンジするという日々が続いております。
VTS(A3).jpg
今のこのバンドのメンバーはつわもの揃いな上に、
年齢もいいバランスで違うので、
つぎつぎといろんなアイデアが出てきて、
非常に面白いスタジオになってます。
今月後半の正式なレコーディング開始が楽しみです。

そのレコーディングの直前7/18(土)に
ライブがあるんです。
夏には恒例となっている鎌倉・歐林洞でのライブ、
「杉・松・格の『茶葉はどこへいった』」
   ( 出演:杉 真理・松尾 清憲・渡辺 格 )
ですが、
おかげさまで前売り券が完売となりました。
ありがとうございます。
今回も、杉くんのあの曲を松尾が歌い、
松尾のあの曲を杉くんが歌うというコーナーもありますよ。
スタジオでリハーサルする3人。
杉松格(A3).jpg

そして7/20(月・祝)は
tomoe あらため「永瀬ともえ」さんの
CD発売記念ライブ
やさしい森へようこそ
    〜永瀬ともえ with Friends 〜」が
Special guest 松尾 清憲 )
四谷SOKEHS ROCKであります。
tomoe (A2).jpg
松尾が作詞&作曲した「星のタペストリー」が、
いよいよ発売されるということで、とても楽しみなんですが、
この日は松尾もゲスト出演するんですよ。
同じ九州出身で、やさしい歌声の中に強さも感じさせる
ともえさんのライブ、
ぜひ観にきてください。

        松尾 清憲

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。