So-net無料ブログ作成
検索選択

「アナベラ」.「ハイダウェイ」

11/21、武蔵小山のライブ・カフェ『アゲイン』での
『 Moment Strings Quartet Live Vol.12 』と題された
ライブにゲスト出演したんですが。
なんとシネマの1stアルバム「モーション・ピクチャー」の
ラストを飾る大曲「アナベラ」を、弦楽四重奏とともに
松尾(Vocal &Piano)は歌いました!
ブルーシネマ〔A3).jpg
CDでは矢野誠アレンジによる華麗なオーケストラが入った
クラシカルロックな作品ですが、
長いイントロや、ボレロのリズムになったりする
長い間奏も含め、オリジナルどうりにやりました。
実際にライブでストリングスとともに
シネマがプレイすることは、かつてなかったので、
カルテットと一緒にやった「アナベラ」は僕も興奮しました。
この選曲は『アゲイン』の店主・石川さんなんですが、
石川さんはなんと、シネマがデビュー当時に
伝説の小劇場「渋谷ジャンジャン」でやったライブを見たという
シネマ・ファン!松尾ファン!
うれしいじゃないですか(笑)。
こういう音楽を熱く語れる人、貴重です。
この「靴べら」じゃなくて(笑)、
「アナベラ」、今のシネマでもいつか挑戦してみたいような
気にもなりました。

それから、お知らせですが
11/26に「杉 真理 」大先生のニューアルバム「 THIS IS POP 」が
徳間ジャパンから発売されます。
THISISPOP(A3).jpg
杉さんが、仲のいい、いろんなアーティスト達と
コラボレートして作り上げた、
杉さんにしかできないような、超楽しいポップ・アルバムなんですが。
その中で1曲、松尾が歌ってます。
しかもリードボーカルです。
「ハイダウェイ」(作詞・杉 真理 作曲・松尾清憲)という曲で、
これはもうずいぶん前ですが、
インドネシアのバリ島に旅した時、
自然の大きなふところに包まれるような、バリ島の印象を
杉さんとイメージして作った曲で、
ライブではもう何度も演奏してきたナンバーなんですが、
このたび、このアルバムで発表させてもらうことになりました。
オリエンタルな響きを持った、僕のレパートリーの中でも
ちょっと異色なんですが、
自分でもとても気に入ってる曲なので、
こうして正式に発表できるのは、非常にうれしいことです。
聴いてみてください。

その杉さんとのビートルズ色たっぷりなバンド、BOXですが。
(杉 真理・松尾清憲・小室和之・田上正和)
12月26日(金)に
『 BOX LIVE ! ~ パーティはそのままに ‥
  BOX POPS 全曲披露 』と題されたライブが
下北沢クラブ Que であります。
BOX4(A3).jpg
ぜひ、みなさん観にきてくださいね。

話は最初に戻って、シネマのクラシカルなロック曲「アナベラ」ですが、
これは、ヨーロッパのアーティストに影響を受けて
書いた曲ですが、クラシカルな要素とリズム&ブルースを
絶妙にミックスさせたバンド、プロコル・ハルムは
よく聴きました。
Procol Harum 「 Homburg 」


       松尾清憲


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

中原安弘

キヨ!
そのうち、やるとは、思いました!
by 中原安弘 (2014-11-25 20:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。