So-net無料ブログ作成
検索選択

僕のスター [ウィーク・エンド一色]

2016年、新年のごあいさつ。
「シネマを今年も応援してください。」
そんな意味合いの13日のライブいかがでしたか?
恵比寿のクレアートでダンボール・バットを迎えての新春興業。
その2日前の11日の昼間、
高円寺のスタジオで本番前最後のリハーサルをするシネマな面々。
最後の通しリハーサルも残り2曲、なんて時に澄田が何気なく見たケータイから
驚きのニュース
デビッド・ボウイの訃報だったんだねぇ。
「まじか~、最近新譜出たばっかりじゃなかったけ。」
急遽、「僕のスター」が演目に追加されました。
そして、リハーサル。
デビッド・ボウイは、ある意味ロック・スターの究極の完成形でしたよね。
まあ、ジョンやポールや、ミック・ジャガー、ブライアン・フェリー、
マーク・ボラン、フレディー・マーキュリー、イギー・ポップとか、
オレ達の心を揺さぶったロック・スターはあまたいますが、
ボウイは、その中でも特別でしょ。
美形で花形でソングライティングもステージングも、
もう天はこの一人にどんだけ与えてんだよ。と、
高校時代、ロック・スターを夢見る一色少年は嫉妬したものでした。
そんなボウイが死んでしまうなんて、
別に身内でも何でもないのに、どうしてこんなに悲しいんだろう。
13日のシネマのライブはまさにそんな気分の中、
いつにも増して魂のこもったライブだったんじゃないでしょうか。
饒舌なあの二人もこの日は言葉少なめ。
そりゃ通夜でへらへらしてたら怒られるからね。
そして、たまたまなんだけど、対バンのダンボール・バットも、
そんなイギリス・ロックの系譜をきちんと引き継いで
この国では悪戦苦闘を強いられる、ある意味シネマみたいなバンドで、
なんかとってもいい夜でした。

そんなセット・リスト、ばばん!
20160113_Ebisu(1).jpeg

2016年1月13日シネマ演目@恵比寿クレアート

1 サイエンス・フィクション・マン
2 赤い第3惑星
3 ロゼッタ・ストーン・セレナーデ
4 ロックンロール・プラネット
5 未来世紀の街で
6 シアター・リターンズ
7 恋愛保険勧誘員
8 ブルースを見たかい?
9 イッツァ・パラレル・ワールド
10 バラの女

E1 All Cast~Galaxy Lovers
E2 マイ・スイート・キラー・ビー
E3 僕のスター

最後の「僕のスター」のとき、
客席のみなさんが最後のリフレインを一緒に歌ってくれて、
とても嬉しかったですよ。
どうもありがとう。
ではまた、次回にでも。
バイなら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。