So-net無料ブログ作成

「サイエンス・フィクション・マン」と言葉の話 その2 [一色チューズデイ]

忘れた頃にやってくる、
「サイエンス・フィクション・マン」と言葉の話、その2です。
今回はアルバム2曲目に収録されている、
「ロックン・ロール・プラネット」
この曲は今の5人になった最初のライブ、
2014年の夏の赤坂グラフィティのライブに向けて作られました。
「SPY」と共演したライブですね。
キヨと二人で横浜のとある小さなスタジオで、作曲セッション。
俄然ロック色の強くなったシネマに
シンプルなTレックスのブギーのような曲を作ろうということで、
生まれたんですね。
シネマと言えば、
「バラの女」や「マスカレード」といった
複雑極まりない曲がひとつの売りみたいなとこがあるんですが、
この曲はいたってシンプル。
こんな曲を作りたくなったなのもこの5人になったからこそ。
キヨが作ったAメロと、サビに
オレがBメロを挟み込んで完成。
そして、歌詞をどうしようか?となりました。
「ロックン・ロール」という言葉をタイトルに入れようということになったんですね。
この頃は、って今もさほど変わらないんだけど、
もうテレビでは、暗いニュースや目をそむけたくなる映像ばかり。
もうロックでも聞いてないとやってられないみたいな感じ。
ほんとにロックと出会えて、ロックが好きで助かったな~。
みたいな、純粋なロックン・ロール賛歌です。
ロックン・ロールの最初のヒット曲と言われてる
ビル・ヘイリー&コメッツの「ロック・アラウンド・クロック」が生まれた1954年。
ビートルズが登場した1964年。
そして、シネマがデビューした1981年。
時代が現在に近づいていきます。


「ロックン・ロール・プラネット」
作詞:一色進 作曲:松尾清憲、一色進

It’s all right, sleep tight
君が深い 悲しみにいても
テレビが 一日中
気の滅入る ニュースだらけでも
in1954
小さいパブの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

in midnight, 切ない
気持ちに負けそうで
一人じゃ 耐えられなくて
もう投げ出したい 夜だってあるよね
in1964
トランジスタ・ラジオの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

in1981
モーション・ピクチャーの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

It’s all right, sleep tight It’s all right, sleep tight

そして、PV第2弾完成ですよ。
ばばん!


今回もリターンズの頃からシネマの撮影をしてくれてる飯野弘也くんが監督です。
飯野くんとシネマは、
いつか山崎貴監督とバンプ・オブ・チキンのような関係になれるんでしょうか?
そんな長い物語も含みつつ、
シネマのライブでカメラを回してる飯野くんを見かけたら、
「あ、ひ~ちゃんだ。」と心の中で応援してね。

そして、私事ですが、
来週、今年最後のライブがありますよ。
ばばん!

GO→ST 海賊放送局年末スペシャル
一色エレキ「歳末大売り出し」
2014年12月29日
@黄金町試聴室その2
18:30開場 19:00開演
fee2000円+オーダー

http://shicho.org/2014/12/2event141229/

いろいろあった2014年。
最後はエレキ弾き語りで、
ほとんど演芸です。

それでは、来週の月曜日に
年の瀬の花街あたりですれちがいますか?
バイなら。


in2015 渋谷のライブハウスで始まる~♪ [一色チューズデイ]

2014年もあと2週間。
今年のシネマは、いろいろありましたね~。
「サイエンス・フィクション・マン」のリリース。
それを引っさげてライブやインストア。
台風、大雪などなど。
そして来年はシネマにとってどんな1年になるんでしょうか?
そんな2015年を占うライブが、本日予約受付開始ですよ、奥さん。
みなさん、ジャンジャンバリバリ予約しちゃいましょう。
ばばん!
cinema_RRplanet225_ol.jpg
2015年だってこの5人!
「シネマのロックン・ロール・プラネット2015」

出演:シネマ
(松尾清憲/一色進/松田信男/澄田健/大槻敏彦)
2015年2月25日(水)
@渋谷ラスト・ワルツ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
開場 18:30 開演 19:30
前売:3000円 当日:3500円+オーダー
お問い合わせ
Tel&fax:03-6427-4651
メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返し確認のメールを送信致します。

さてさて、久々のワンマン!
2015年型モデルのシネマも織り交ぜてたっぷりお届けしますよ。
乞うご期待

「プラトーの日々」、そしてBOX1st アルバム再現ライブ

もう12月も半ばになりましたね。
先週は久々にシネマ5人が集まりまして、
一緒に食事をしながら、あれこれと話は盛り上がりました。
シネマミラー(A3).jpg
今年は新メンバーになったシネマの
まさかのサード・アルバム「サイエンス・フィクション・マン」発売!
新鮮なレコーディングは刺激的で、今後へのイメージも
膨らむところです。
次のライブもそろそろ決まりそうですよ。

昨日は杉 真理さんのニューアルバム
「THIS IS POP 」(杉 真理& Friends )の
インストア・イベントが新宿タワーレコードでありました。
(9月にここでシネマがやりましたね。)
今回は松尾ボーカル曲「ハイダウェイ」がこのアルバムに
収められてるということもあり、イベントに参加してきました。
観に来られた方々、どうもありがとうございました。
「ハイダウェイ」が正式に発表されたことは、
個人的にもとてもうれしいことです。
まだ聴いてない方は、松尾のオリエンタル・メロディを
ぜひ、ご趣味ください。
(これはバリ島ウブドゥでの早朝、見つけた虹)
ウブドゥ(A2).jpg
その杉さんとのバンド・BOXの
『 BOX LIVE ! ~ パーティはそのままに ‥
  BOX POPS 全曲披露 』と題されたソロライブが
12月26日(金)に下北沢クラブ Que であります。
名盤と言われているファーストアルバム「BOX POPS 」を
そのまま全曲再現というのは、BOXにとっても
はじめての経験。ぜひ、いらしてください。
(スタジオでリハーサルに励むBOXの面々)
BOXst(A3).jpg

そして、もうすぐ発売になるCDが、
昨年12月17日に他界したミュージシャン、
かしぶち哲郎さんのトリビュートアルバムです。
【 a tribute to Tetsuroh Kashibuchi ~ハバロフスクを訪ねて 】 
CD2枚組 
2014年12月17日発売(P-VINE) 
Kashibuchi(A3).jpg
これには、かしぶちさんと繋がりのある沢山のミュージシャンが
かしぶちさんの曲をそれぞれカバーしているんですが、
松尾は「プラトーの日々」という曲をカバーしました。
オリジナルとは趣きを変えたアレンジでカバーしましたが、
とても気に入った仕上がりになってます。
(アレンジは小泉くんと一緒にやりました)
これも、ぜひ聴いてください。

    松尾 清憲

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。