So-net無料ブログ作成
検索選択

3月6日(金)松尾清憲ソロライブ「Blue Velvet Night 」

ということで、
渋谷ラストワルツでのシネマライブを観に来ていただいた方々
どうもありがとうございました。
新曲も披露できてよかったです。

そして、もう3月6日(金)には、
松尾清憲のソロライブがあるんです。
表参道GROUNDです。
ブルーベルベット(F3).jpg
 
松尾清憲ソロライブ 『Blue Velvet Night 』

2015年3月6日(金) 開場18:45 開演19:30

【出演】 松尾清憲 & Velvet Tea Sets 
 (小室和之・朝倉真司・小泉信彦・橋口靖正・平田崇)

【会場】 表参道 GROUND 

【料金】 前売 5,000円 当日 5,500円 (税込・1ドリンク別途)
チケットぴあ(Pコード:597-891)
ローソンチケット(Lコード:79251)

【問合せ】 表参道GROUND 03-5772-8566

今回は、雷音レコードから先月発売された
アナログシングル盤「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」を
はじめて、この音源のスタイルでやりますし、
ビートルズタッチの面白い新曲も披露できそうです。
ぜひ、観にきてください。

   松尾清憲

 

2015年のロックン・ロール・プラネット [ウィーク・エンド一色]

みなさん、もうおとといになってしまいましたが、
今年の初シネマ、
多数のお運びありがとうございました。
今回は、今のメンバーになって初めて演奏する曲が
新曲を含め4曲もあって中々リハも大変でしたが、
2015年モデルのシネマはお楽しみいただけたでしょうか?
それでは、ラスト・ワルツのセット・リスト、
ばばん!

シネマ2/25(A3).jpg

シネマのロックン・ロール・プラネット2015 @渋谷ラスト・ワルツ

1 All Cast~Galaxy Lovers
2 ロックン・ロール・プラネット
3 イッツァ・パラレル・ワールド
4 虹色のアライヴァル
5 ルナティック・ガイ       
6 愛こそすべてかい?(松田新曲) 
7 ロゼッタ・ストーン・セレナーデ
8 未来世紀の街で (新曲)
9 クールにキメたい        
10 紅タイムマシーン       
11 僕のスター
12 無口な一夜
13 アナベラ
14 バラの女
15 赤い第3惑星

アンコール

マイ・スィート・キラー・ビー
サイエンス・フィクション・マン

今年はライブのたびに新曲を演奏しようと思ってます。
これからも応援よろしくお願いします。
そして今回も登場しました。
こちらも毎度のお楽しみ、
松尾先生とのネタの台本もアップしときますね。
これは、台本なんで実際のライブの掛け合いとは若干異なりますが。
ばばん!

松尾「と、いうわけで、始まっちゃいましたが2015年もシネマありますね~。どうなの?一色くん。」
一色「誰も捕虜に囚われずに年越せたってことですよね。」
松尾「だからそういうこと言うんじゃないよ。今年1発目なんだから今年もシネマよろしくでしょ。」
一色「え~、オレカメラなんか盗んでないよ。」
松尾「いや~、それは知らないけど。一色くんは弁護したくないタイプの人だから。」 
一色「え?オレって弁護したくないタイプの人なの?オレが盗むのは女心だけだから。」
松尾「そうなの?知り合ってもう40年近く経つけどそんな現場に遭遇した記憶がないよ。」
一色「もうキヨったら忘れっぽいんだから。でもキヨと知り合って40年近くも経つほうが驚きだね。キヨはなんかぜんぜん変わらないな~。」
松尾「その分一色くんがこんな変わり果てた姿になっちゃってるから丁度いいんじゃないの。」
一色「誰が変わり果ててるんだよ!でも最初に会ったときとかオレの事ど~思ったの?」
松尾「いや~、そりゃ~もう、それ今言うの?明日メールするよ。」
一色「そうか~オレって盗むの女心だけじゃないんだ。」
松尾「ポジティブだな~、じゃあメールするのやめるよ。」
一色「じゃ~、変わりにオレがキヨと最初に会ったときどう思ったか明日メールするよ。」
松尾「いいけど、そのメールは届かないと思うよ。」
一色「え?なんで?」
松尾「ブロックしちゃってるから。」
一色「あ~、なるほど。って、ブロックされてんのかよ!」
松尾「セキュリティ様々だね。」
一色「そんなんでよくシネマつづいてるね。って、だから最初あんなにすぐ解散しちゃったんだ。」
松尾「でもあの頃メールとかなかったから。」
一色「もしかして、シネマってリターンズで復活してからのほうが長いんじゃないの?」
松尾「ナッツ・リターンズ。」
一色「カメラ盗ってませんって。」
松尾「スタップ細胞はあります!」
一色「人のだけど。って、二人でボケてどうすんだよ。誰かつっこまないと。」
松尾「もう,気がすんだ?」
一色「すんだ。」
松尾「じゃ~、音楽やろうか。」
一色「女心盗まないとね。音楽音楽。」
松尾「なんか、動機が不純だけど音楽いきますか。」

あ~、くだらない。
こんな台本みたいなのを書いてるときが1番楽しいです。

これと、この日は久しぶりに慶一さんも見に来てくれて、
「21世紀シネマ、すごく良かった。」と言ってくれました。
慶一さんにそう言ってもらえるの、すごく嬉しいんです。
ご来場いただいたみなさん、
そしてスタッフのみなさん、
どうもありがとう。
次回は5月を予定してます。
また発表できる時期が来たらここに書きますね。
それでは、来週はジャック達ツアーです。
7日名古屋KDハポン、
8日大阪ムジカ・ジャポニカ。
来週末は、そんなあたりですれ違いますか?
バイなら。

もう2月ですが、 [ウィーク・エンド一色]

みなさん、シネマをよろしくです。
先日我が家で松尾先生と
新曲作りセッションしました。
2015年も松尾‐一色コンビ健在でしたよ。
二人の持ち寄った曲のピースがバッチリはまりました。
シネマ復活以後この作曲方法にハズレ無しです。
別に次はどんな感じにしようかとか打ち合わせしないのに、
持ち寄ったパーツが南米大陸とアフリカのように
カチッとはまるんです。
不思議だ。
みなさん次回ライブで披露できるかもしれないのでお楽しみにね。
シネマ2/25(A3).jpg
2015年だってこの5人!
「シネマのロックン・ロール・プラネット2015」

出演:シネマ
(松尾清憲/一色進/松田信男/澄田健/大槻敏彦)
2015年2月25日(水)
渋谷ラスト・ワルツ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
開場 18:30 開演 19:30
前売:3000円 当日:3500円+オーダー
お問い合わせ
Tel&fax:03-6427-4651
メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返し確認のメールを送信致します。

そして、ジャック達のサード・アルバム
「JOYTIME」が2月4日にリリースされました。
こちらもぜひ聞いてくださいね。
DQC-1423_h1_S.jpg
17分21秒の大作、
「One fairy tale of JOYTIME KINGDOME song」を含む
全7曲です。
そしてその大作を初演奏するライブがこちら、

「ジャック達・ジョイタイム・ツアー2015東京」
2015年2月15日
西新宿ニューベリー

http://www.newbury.jp/

出演
ジャック達
ゲスト)遊佐春菜 小堀るり子 伊藤隆博 えみコバーン

開場 18:00 開演 19:00
前売3000円、当日3500円+1drink

今年もいろいろやると思うのでよろしくね。
それでは、来週末新宿あたりですれちがいますか?
バイなら。


謹賀新年!そして「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」

本年も、よろしくお願いします。
すでに、シネマは2月25日にライブが決まってます。
シネマ2/25(A3).jpg
去年の2月のライブは記録的な大雪でしたが、
はたして今回はどうなるのか、そのあたりも楽しみです(笑)。
ぜひ観にきてください。

そして、もうご存知かと思いますが、
ブルー(A3).jpg
イラストレーター&漫画家の本 秀康さん主宰の雷音レコードから
松尾のシングル盤が発売されるんです。
その曲なんですが、大滝詠一さんの
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」のカバーです。
大滝さんの曲の中でも大好きなこの曲のカバーを、
本さんのポップなイラスト・ジャケットで発売できるのは
うれしいかぎりです。

その雷音レコードからのお知らせです。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
本秀康主宰の雷音レコード2015年第1弾は、いまや伝説化した知る人ぞ知る、
松尾清憲による大滝詠一「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」のカバー・バージョン!!
RHION(A3).jpg
7inchレコード専門レーベル雷音レコード、2015年最初のリリースはなんと
松尾清憲!!レーベル初の超ベテランアーティストの登場が事件なら、
収録曲もまた事件です。一般には発表されず松尾ファン、ナイアガラファンの間で
滅多に入手出来ないアイテムとして長年悩ませ続けた、
松尾による大滝詠一曲「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」のカバー・バージョンを
7inchで遂に正式リリース!!
この曲はフジパシフィック音楽出版が91年、同社の設立25周年を記念して
業界関係者のみに配布したコンピレーションCDのために録音され、一般には
聴くことができなかった幻の音源。24年の歳月を経て、遂に音楽ファンに耳に届く!
「ブルー・ヴァレンタイン・デイ」のカバー自体も相当レアなら、発表形態もレア。
しかもこの松尾バージョンは大滝詠一のオリジナルと歌詞が大きく異なるという、
レア尽くしの1曲。そして今回は雷音レコード初となる両A面シングル。
もう1曲は松尾清憲のストレンジ・デイズレーベル時代の代表曲
「僕が蒸気のようにとろけたら」。
レーベル主宰の本秀康のマンガ作品『ワイルドマウンテン』の最終章のテーマソングが
この「僕が蒸気のようにとろけたら」だったことから、今回のジャケットは
『ワイルドマウンテン』のサウンドトラックの仕様となっている。

アーティスト:松尾清憲
タイトル:ブルー・ヴァレンタイン・デイC/W 僕が蒸気のようにとろけたら
発売日:2015年2月10日
発売元:雷音レコード
品番:RHION-09
仕様:7インチ・レコード
価格:1000円+税
JAN:なし
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

そして、師走の12月26日に
BOXは下北沢クラブQueでソロライブをやりました。
BOXque(A3).jpg
1st アルバムそのまま再現ということもあり、
大盛況のライブになりました。
観にきてくれたみなさん、どうもありがとう。
BOXque(B3).jpg
ということで、
今年もよろしく お願いします。

             松尾 清憲


「サイエンス・フィクション・マン」と言葉の話 その2 [一色チューズデイ]

忘れた頃にやってくる、
「サイエンス・フィクション・マン」と言葉の話、その2です。
今回はアルバム2曲目に収録されている、
「ロックン・ロール・プラネット」
この曲は今の5人になった最初のライブ、
2014年の夏の赤坂グラフィティのライブに向けて作られました。
「SPY」と共演したライブですね。
キヨと二人で横浜のとある小さなスタジオで、作曲セッション
俄然ロック色の強くなったシネマに
シンプルなTレックスのブギーのような曲を作ろうということで、
生まれたんですね。
シネマと言えば、
「バラの女」や「マスカレード」といった
複雑極まりない曲がひとつの売りみたいなとこがあるんですが、
この曲はいたってシンプル。
こんな曲を作りたくなったなのもこの5人になったからこそ。
キヨが作ったAメロと、サビに
オレがBメロを挟み込んで完成。
そして、歌詞をどうしようか?となりました。
「ロックン・ロール」という言葉をタイトルに入れようということになったんですね。
この頃は、って今もさほど変わらないんだけど、
もうテレビでは、暗いニュースや目をそむけたくなる映像ばかり。
もうロックでも聞いてないとやってられないみたいな感じ。
ほんとにロックと出会えて、ロックが好きで助かったな~。
みたいな、純粋なロックン・ロール賛歌です。
ロックン・ロールの最初のヒット曲と言われてる
ビル・ヘイリー&コメッツの「ロック・アラウンド・クロック」が生まれた1954年。
ビートルズが登場した1964年。
そして、シネマがデビューした1981年。
時代が現在に近づいていきます。


「ロックン・ロール・プラネット」
作詞:一色進 作曲:松尾清憲、一色進

It’s all right, sleep tight
君が深い 悲しみにいても
テレビが 一日中
気の滅入る ニュースだらけでも
in1954
小さいパブの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

in midnight, 切ない
気持ちに負けそうで
一人じゃ 耐えられなくて
もう投げ出したい 夜だってあるよね
in1964
トランジスタ・ラジオの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

in1981
モーション・ピクチャーの中 生まれた

Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
それはビートがうなれば 嫌な事なんて消え去る
Rock’n’roll planet, rollin’ この惑星にだけある
Rock’n’roll planet, rollin’ 魔法は無数のlove
しょげなくていい

It’s all right, sleep tight It’s all right, sleep tight

そして、PV第2弾完成ですよ。
ばばん!


今回もリターンズの頃からシネマの撮影をしてくれてる飯野弘也くんが監督です。
飯野くんとシネマは、
いつか山崎貴監督とバンプ・オブ・チキンのような関係になれるんでしょうか?
そんな長い物語も含みつつ、
シネマのライブでカメラを回してる飯野くんを見かけたら、
「あ、ひ~ちゃんだ。」と心の中で応援してね。

そして、私事ですが、
来週、今年最後のライブがありますよ。
ばばん!

GO→ST 海賊放送局年末スペシャル
一色エレキ「歳末大売り出し」
2014年12月29日
@黄金町試聴室その2
18:30開場 19:00開演
fee2000円+オーダー

http://shicho.org/2014/12/2event141229/

いろいろあった2014年。
最後はエレキ弾き語りで、
ほとんど演芸です。

それでは、来週の月曜日に
年の瀬の花街あたりですれちがいますか?
バイなら。


in2015 渋谷のライブハウスで始まる~♪ [一色チューズデイ]

2014年もあと2週間。
今年のシネマは、いろいろありましたね~。
サイエンスフィクション・マン」のリリース。
それを引っさげてライブやインストア。
台風、大雪などなど。
そして来年はシネマにとってどんな1年になるんでしょうか?
そんな2015年を占うライブが、本日予約受付開始ですよ、奥さん
みなさん、ジャンジャンバリバリ予約しちゃいましょう。
ばばん!
cinema_RRplanet225_ol.jpg
2015年だってこの5人!
「シネマのロックン・ロール・プラネット2015」

出演:シネマ
(松尾清憲/一色進/松田信男/澄田健/大槻敏彦)
2015年2月25日(水)
渋谷ラスト・ワルツ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-13八千代ビルB1F
開場 18:30 開演 19:30
前売:3000円 当日:3500円+オーダー
お問い合わせ
Tel&fax:03-6427-4651
メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返し確認のメールを送信致します。

さてさて、久々のワンマン!
2015年型モデルのシネマも織り交ぜてたっぷりお届けしますよ。
乞うご期待

「プラトーの日々」、そしてBOX1st アルバム再現ライブ

もう12月も半ばになりましたね。
先週は久々にシネマ5人が集まりまして、
一緒に食事をしながら、あれこれと話は盛り上がりました。
シネマミラー(A3).jpg
今年は新メンバーになったシネマの
まさかのサード・アルバム「サイエンス・フィクション・マン」発売!
新鮮なレコーディングは刺激的で、今後へのイメージも
膨らむところです。
次のライブもそろそろ決まりそうですよ。

昨日は杉 真理さんのニューアルバム
「THIS IS POP 」(杉 真理& Friends )の
インストア・イベントが新宿タワーレコードでありました。
(9月にここでシネマがやりましたね。)
今回は松尾ボーカル曲「ハイダウェイ」がこのアルバムに
収められてるということもあり、イベントに参加してきました。
観に来られた方々、どうもありがとうございました。
「ハイダウェイ」が正式に発表されたことは、
個人的にもとてもうれしいことです。
まだ聴いてない方は、松尾のオリエンタル・メロディを
ぜひ、ご趣味ください。
(これはバリ島ウブドゥでの早朝、見つけた虹)
ウブドゥ(A2).jpg
その杉さんとのバンド・BOXの
『 BOX LIVE ! ~ パーティはそのままに ‥
  BOX POPS 全曲披露 』と題されたソロライブが
12月26日(金)に下北沢クラブ Que であります。
名盤と言われているファーストアルバム「BOX POPS 」を
そのまま全曲再現というのは、BOXにとっても
はじめての経験。ぜひ、いらしてください。
スタジオでリハーサルに励むBOXの面々)
BOXst(A3).jpg

そして、もうすぐ発売になるCDが、
昨年12月17日に他界したミュージシャン、
かしぶち哲郎さんのトリビュートアルバムです。
【 a tribute to Tetsuroh Kashibuchi ~ハバロフスクを訪ねて 】 
CD2枚組 
2014年12月17日発売(P-VINE) 
Kashibuchi(A3).jpg
これには、かしぶちさんと繋がりのある沢山のミュージシャンが
かしぶちさんの曲をそれぞれカバーしているんですが、
松尾は「プラトーの日々」という曲をカバーしました。
オリジナルとは趣きを変えたアレンジでカバーしましたが、
とても気に入った仕上がりになってます。
(アレンジは小泉くんと一緒にやりました)
これも、ぜひ聴いてください。

    松尾 清憲

「アナベラ」.「ハイダウェイ」

11/21、武蔵小山のライブ・カフェ『アゲイン』での
『 Moment Strings Quartet Live Vol.12 』と題された
ライブにゲスト出演したんですが。
なんとシネマの1stアルバム「モーション・ピクチャー」の
ラストを飾る大曲「アナベラ」を、弦楽四重奏とともに
松尾(Vocal &Piano)は歌いました!
ブルーシネマ〔A3).jpg
CDでは矢野誠アレンジによる華麗なオーケストラが入った
クラシカルロックな作品ですが、
長いイントロや、ボレロのリズムになったりする
長い間奏も含め、オリジナルどうりにやりました。
実際にライブでストリングスとともに
シネマがプレイすることは、かつてなかったので、
カルテットと一緒にやった「アナベラ」は僕も興奮しました。
この選曲は『アゲイン』の店主・石川さんなんですが、
石川さんはなんと、シネマがデビュー当時に
伝説の小劇場「渋谷ジャンジャン」でやったライブを見たという
シネマ・ファン!松尾ファン!
うれしいじゃないですか(笑)。
こういう音楽を熱く語れる人、貴重です。
この「靴べら」じゃなくて(笑)、
「アナベラ」、今のシネマでもいつか挑戦してみたいような
気にもなりました。

それから、お知らせですが
11/26に「杉 真理 」大先生のニューアルバム「 THIS IS POP 」が
徳間ジャパンから発売されます。
THISISPOP(A3).jpg
杉さんが、仲のいい、いろんなアーティスト達と
コラボレートして作り上げた、
杉さんにしかできないような、超楽しいポップ・アルバムなんですが。
その中で1曲、松尾が歌ってます。
しかもリードボーカルです。
「ハイダウェイ」(作詞・杉 真理 作曲・松尾清憲)という曲で、
これはもうずいぶん前ですが、
インドネシアのバリ島に旅した時、
自然の大きなふところに包まれるような、バリ島の印象を
杉さんとイメージして作った曲で、
ライブではもう何度も演奏してきたナンバーなんですが、
このたび、このアルバムで発表させてもらうことになりました。
オリエンタルな響きを持った、僕のレパートリーの中でも
ちょっと異色なんですが、
自分でもとても気に入ってる曲なので、
こうして正式に発表できるのは、非常にうれしいことです。
聴いてみてください。

その杉さんとのビートルズ色たっぷりなバンド、BOXですが。
(杉 真理・松尾清憲・小室和之・田上正和)
12月26日(金)に
『 BOX LIVE ! ~ パーティはそのままに ‥
  BOX POPS 全曲披露 』と題されたライブが
下北沢クラブ Que であります。
BOX4(A3).jpg
ぜひ、みなさん観にきてくださいね。

話は最初に戻って、シネマのクラシカルなロック曲「アナベラ」ですが、
これは、ヨーロッパのアーティストに影響を受けて
書いた曲ですが、クラシカルな要素とリズム&ブルースを
絶妙にミックスさせたバンド、プロコル・ハルムは
よく聴きました。
Procol Harum 「 Homburg 」


       松尾清憲


下北沢クラブQue . 武蔵小山アゲイン

ということで
11/7の渋谷スターラウンジでのライブ、
『 秋のニューウェイヴ祭り2014 』は
場所もいい雰囲気だったし、実に楽しいイベントでしたね。
パチパチソニック .
Boogie the マッハモータース .
ハルメンズ・ワールド健在!と思わせた
サエキけんぞう&Boogie the マッハモータースfeaturing泉水敏郎 .
鈴木さえ子&TOMISIRO .
そして、さえ子さんも数曲参加してくれた、
新作「サイエンス・フィクション・マン」が好評のシネマ
シネマon Stage(A3).jpg
よくもこんなに個性が強いアーティスト達が集まったもんだなーと
思わせる贅沢な宵でした。
ステージ・パフォーマンスも面白かった
Boogie the マッハモータースの3人は
それぞれ長崎、博多、北九州と、
僕と同じく九州の出身でした。
そして、シネマははやく次のライブをやりたいです。
決めたいです。

そのシネマのライブは終わりましたが,
来月12月26日(金)に下北沢 CLUB Que で
松尾が杉真理さんとともにやってるバンド、
BOXのライブがあります。
タイトルは
『 BOX LIVE ! 〜 パーティはそのままに ‥
  BOX POPS 全曲披露 』と題され
なんと!デビュー当時、
日本の音楽界に衝撃を与えた!(笑)と
言われているファースト・アルバム「BOX POPS 」を
全曲披露します。
BOX POPS(A3).jpg
これはちょっと見逃せませんよね。
メンバー全員、気合いが入っております。
みなさん、師走ですが、ぜひ観にきてくださいね。   

それから、弦楽四重奏モーメント・ストリングズ・カルテットとは
時々、共演している松尾ですが。
もうすぐ、来週11月21日(金)に
武蔵小山の素敵なライブ・カフェ「アゲイン」で
『 Moment Strings Quartet Live Vol.12 』と題された
ライブがあるんですが、
これに松尾はゲスト出演して歌います。
僕は自分のソロ曲やカバー曲や、
シネマの曲もストリングスと一緒に歌う予定です。
遊びにきてください。
アゲイン(A3).jpg
このモメカルのレパートリーは本当に広くて、
洋楽邦楽をとわず、ポップスから、ロックから、映画音楽から
その日のメニューに何が登場するかが、いつも楽しみなんですが。
この日はモンキーズの曲も奏でてくれるようです。
モンキーズといえば、イギリスのビートルズ人気に対抗するかのように
アメリカが才能あるスタッフ総動員という形で
送り出したアイドルでしたが、
強力なソングライターにも支えられて、
人気だけでなく、いい曲も沢山ありました。
モンキーズ「 Shades of Grey 」


    松尾 清憲

秋のニューウェイヴ祭り2014<シネマVSハルメンズ> [ウィーク・エンド一色]

11月7日、渋谷スターラウンジご来場のみなさん、
どうもありがとうでした。
いや~、とっても盛り上がりましたね。
なんかそんな予感がしたのは、
ライブ2日目のシネマ、ハルメンズ合同リハーサル。
その時の記念撮影、
ばばん!
B1xNpZ5CYAITjk3.jpg
オレ的には、泉水&一色のリズムセクションなんて、
もう何年ぶりだかわかんないぐらい久しぶり。
なんか懐かしすぎて色んなこと思い出しちゃいました。
タイツのセカンド「いつかどこかで」の頃以来です。
そしてさえちゃん&一色のリズムセクションも久しぶり。
もう泣きそうでした。
そして、当日。
まずは、中嶋くんのDJでスタート。
そしてトップは、泉ちゃんのバンド「アーチージャック・ザ・スパイダー」でもおなじみの
Y子ちゃんがヴォーカル&ギターのバチバチソニック 。
なんとなく和なイメージのメロディーを激しいビートにのせて
独特の世界でしたね。
そして、疾風の人力テクノ・トリオ、Boogie theマッハモータース。
3人の個性がぶつかり合って、素晴らしかったですね。
つづいて、登場!
サエキけんぞう&Boogie theマッハモータースfeaturing泉水敏郎。
「母子受精」「レーダーマン」「焼きそば老人」といった懐かしのハルメンズ・ナンバーから、
新曲まで、ハルメンズ・ワールド。時空を超えてましたね。
そして、さえちゃん登場!
鈴木さえ子&TOMISIRO。
アメリカの電気会社」からスタート。もうお客さん大喜び。
もっとライブやって欲しいですね。
Come Wonder With Me」「Something in the Air」
さらに、サエキけんぞう&Boogie theマッハモータースfeaturing泉水敏郎も加わり、
「夜のウィウィ」ですよ。感動ですね。
そして、「お待たせしました。」シネマ登場です。
もうこの頃は、客席も超満員。
中嶋くんがDJブースから、
「お客さんが入りきれないので前に詰めてください。」と叫んでます。
この日のセット・リスト。
ばばん!
シネマ2014/11/7 @渋谷スター・ラウンジ

1 赤い第3惑星
2 バラの女
3 ロゼッタ・ストーン・セレナーデ                      
4 恋愛保険勧誘員
5 サイエンス・フィクション・マン
6 マイ・スウィート・キラー・ビー
        
ここで、さえちゃん呼び込みます。
7 無口な一夜 with 鈴木さえ子
そして、さえちゃんと大槻さんダブル・ドラム、
これは、貴重な瞬間でした。
8 ホテル with 鈴木さえ子       
さらに、Boogie theマッハモータースfeaturing泉水敏郎も加わり、
アンコール。
E1 電話・電話・電話
E2 電車でGO  
IMG_5328.JPG
いや~、楽しかったですね。
2014年のシネマ、
2月の大雪ライブから始まって、
4月の「サイエンス・フィクション・マン」録音。
7月のアルバム発売。
7~8月のライブ・ツアー。
そして、秋のニュー・ウエーヴ祭りで、いい締めくくりが出来たんじゃないでしょうか?
この日は時間が短くて、喋り足りなかったけど、
次回は2月ぐらいにワンマン・ライブを予定してますよ。
新曲、新ネタ満載でお届けしますよ。
決まったら報告します。
こんな賑やかなイヴェントに誘ってくれたサエキくんにとっても感謝です。
スタッフのみなさんもお疲れ様でした。
それでは、またこのあたりで
来週末あたりにすれちがいますか。
バイなら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。